紫外線対策って何をすればいいの?

それが適用されることができる所でだけ、日焼け止めだけはUV光線を遮断することができます。
したがって、あなたの髪と目を保護するためにUV光線を切ることができる帽子とサングラスを使うことは、効果的です。

ビハクシアを最近使い始めたんですが、肌質が変わってきてびっくり!
いつもザラつきがあった肌が、ツルツルになってきたんです。
美肌ケア効果が高くて驚きました。

また、日焼け止めは完璧でありません。
帽子とサングラスをかけて、補助食品を飲むことによって、UV損害からあなたの体の外側と中から身を守ってください。

紫外線を浴びるとき、活性酸素が体が増加すると言われます。そして、それは点としわを引き起こします。

たとえば、ビタミンC(それは酸化防止剤効果を持っています)は皮膚のかたさを支持するコラーゲンを生産するための重要な栄養分です、しかし、それは体によって生み出されることができないので、それは補助食品としてとられなければなりません。

Ikorisの「Vitaclear C」は、1日につき3つのカプセルで、ビタミンCの50個のレモンの真価で詰まっています。
5種類のビタミンCを混合することによって、それは、いつもよりゆっくり溶けて、しっかりと手を伸ばします。

それは飲むのが簡単である補助食品であるので、毎日をとることは小さくて簡単です。

ビタミンDは、骨健康を維持して、骨粗鬆症を防止して、免疫系を強くすることにとって不可欠です。
このビタミンDは、紫外線光への暴露によって生産される栄養分でもあります。
ビタミンDは食物から取り入れられることができます、しかし、食物から取り入れられることができるビタミンDの量は少ないので、紫外線(太陽)を理解することによって不十分なビタミンDを生み出すことが必要です。

この理由から、世界保健機構(WHO)は、1週につき2-3回、日焼け止めなしで顔、手と足で日光浴をする15分がビタミンDの生産において助けると述べます。

しかし、ビタミンDは補助食品としてとられることもできます。

「UV保護で化粧品を使う」より多くの人々が「日陰に歩く」と答えたことは、意外でした。
UV光線の量は、日陰で、日なたでそれのおよそ半分であると言われています。
たとえ必ずしも同じことでないとしても、それはUV光線があなたと連絡をとっていないことを意味しないので、用心深くて、それを他の方法と結合することは重要です。

■ すぐに赤くなって、黒くなることなく標準に戻るタイプをわずかに赤い■に変わることの直後に黒くするタイプを太陽Aにさらしたとき、赤くなって、それから黒くなるタイプ

彼らの間で、赤くならないで、暗くならない皮膚タイプをもつ人々にはUV光線に対する弱い抵抗があるので、必ず日焼け止めで十分なUV保護をするようにしてください。

もちろん、他の皮膚タイプをもつ人々はUV保護を必要としないので、適切な処置をとってください。

敏感肌があるか、弱い皮膚があるならば、あなたは日焼け止めに含まれるUV吸収装置に対するアレルギーかもしれません。

最も一般の答えは「使用日焼け止め」でした、しかし、多くの人々がアイテム(例えばUV光線から保護する化粧品、帽子とパラソル)も使うようです。

この理由から、敏感肌のある人々がUV吸収装置を含まない非化学日焼け止めを使うことをおすすめします。

夏に、太陽の光線は強いので、気をつけてください。
早く紫外線に対する処置をとりましょう。

太陽がより強いとき、10:00と14:00の間でできる限り出かけることを避けてください。
活発に焼き尽くすほどのタンパク質(それは皮膚の構成要素、ビタミンCとUV光線に対して効果的であるEです)とベータカロチン(皮膚の免疫機能を強化します)によってバランスのとれたダイエットをしようとしてください。
太陽クリームを使ってください。
日焼け止め選択のためのガイドラインとして、SPF10またはPA+は、日常生活でUV光線を防ぐのに十分です。
長い間屋外にいることになるならば、あなたは程度によって選択しなければなりません。
パラソル、広縁の帽子、サングラスと長袖の衣類を使ってください。
* それがUV光線を遮断するので、我々は黒いパラソルを使うことを勧めます。
UVカット処理が適用されるならば、それはさらに好ましいです。
*サングラスのために、色であまり暗くなくて、UV保護指示を持っているサングラスを選んでください。
これは、UV保護が不十分であるならば、暗い色のサングラスが生徒を開けて、より多くのUV光線を理解するからです。
そのうえ、紫外線は基本の表面のようないろいろな方向から反射されるので、側がおおわれるならば、それはより効果的です。
そのうえ、UV伝送が示されるならば、価値がより小さいほど、よりよい。
日焼けサロンを使うことを避けてください。
日焼けサロンのタニングは、人工的にUV-Bを切って、UV-Aだけを放射することによって、褐色を引き起こします。
皮膚を黒ずませることに加えて、それは障害(例えば水膨れと点)も引き起こすかもしれません。
したがって、WHOは危険を指し示して、18才未満の子供たちの利用を禁止することを勧めます。

化粧品を少し白くしている法人組織の白くなっている世話は、メラニンの生産を禁止する成分を含みます。
たとえ現在UV光線を浴びないとしても、だいぶ過去に彼らにさらされたものであるならば、あなたは潤いを与えることとともに世話を白くすることを含まなければなりません。

知らなかった多くの人々がいるかどうかな?
多くの人々があなたが、太陽から身を守りなさいという命令で以外、下塗りを持っているならば、日焼け止めを塗るために必要でないと思う「予想外に間違った」日焼け止め、別に下塗りと日焼け止めを塗ることは、よりよいです。
また、多くの人々は、日焼け止めを顔の正面だけに適用します、しかし、あなたが見るのが難しい地域に対する処置をとらないならば、例えば ― あごの下で、そして、耳の後ろで ― それが点としわを引き起こして、それで、それを適用することは確実です。私に与えてください。
特にあごの下で、コンクリートの反射により日焼けしているようになることは、簡単です。
そのうえ、私は朝に果物に注意を払います。
リンゴはメラニンの生産を抑えて、酸化防止剤力があるポリフェノールを持っているので、我々は朝に彼らを連れて行くことを勧めます!

完全なUV保護
メラニン細胞運動が活発であるならば、たとえそれがしばらく紫外線を浴びるとしても、大量のメラニン顔料は生産されます。
初期からUV光線に対する完全な処置をとることは、重要です。
屋外であるとき、年を通して日焼け止めを使って、太陽を遮断するために、パラソルと帽子を使ってください。

皮膚が乾くとき、よく潤いを与えてください、皮膚のバリア機能と取引高は簡単に妨げられます。
その結果、それは点の発生を招くので、必ず潤いを与えるようにして、あなたの皮膚を潤いを与えておいてください。

紫外線は、それが処置なしで体にさらされるならば、体に損傷を与える厄介なものです。
しかし、少しの紫外線は、体がそれが必要とする栄養分も生産するのを助けます。
したがって、UV光線に対する処置をとることは、美しさ(例えば病気を防止する皮膚と健康)に関して、補助食品などで必要な量を補っている間、非常に重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。